Pハリー ――――――――――――――

髪の毛の多くない方・1956年生・男性
通称:ハリー

雑談とギター放送をしている渋いおっさんである。ハリーはヘルマン・ヘッセの長編小説「荒野のおおかみ」に登場する主人公、ハリー・ハラーから採っている。ハリーという生主が既にいたため頭にパパのPを付けてPハリーとなる。


キラーの実父で生主です。2011年の2月に55歳となり、コミュニティータイトルもGOGO★Pハリーに変わりました。ニコ生では珍しい年代の生主ということもあり知識と経験を活かした、若者には真似の出来ない鬼畜な放送が魅力です。

生主として放送を始めたきっかけは家族配信の際に目にした深夜のたくさんのコメントです。その数々のコメントに想うことが多くあり、そのコメントの向こうに見た「君たち」に何かメッセージを届けられればということで始めたということです。その他に生放送を行う理由として、ケミーキラーの応援と自分のやりたいロック史放送を挙げています。ケミーキラーを応援するといっても彼女達と並走するわけではなく熟年生主として独自の路線を開拓し続けています。

放送内容は主に鬼畜放送と銘打たれた雑談と弾き語りを織り交ぜた放送で、コメント次第でどんどん話が脱線していき猥談になることも少なくありません。運営にBANされることを防止するためか、放送の多くにR-18タグを付けています。(R-18参考動画)

普段の鬼畜放送とは別に、ロック史放送というその名の通りロックの歴史を紐解く放送と、歯の相談放送というこれもその名の通りリスナーの歯に関する質問に次々に答えていくという放送を非定期に行っています。(ロック史放送は事前に放送予約を入れていますが、歯の相談放送を含め普通の放送のほとんどは突発的に始まります。)

プライベートでは歯科医院を経営しており、放送はその医院から行っています。オフィスビルのため夜間は人がおらず騒音を出しても大丈夫とのこと。歯科医として本業以外にNPOの活動も行っており、現在の保険制度のあり方に一石を投じるべく活動をしているそうです。本名・医院の場所やNPOの名称などは非公開です。

ケミキラの家族配信から知る人も多いのでよく知られていることですが、キラーの実母であるオードリーとハリーは数年前に離婚しています。現在は通称ステファニーという奥さんとその間に出来た通称マチルダという娘さんがおり、マチルダが2011年現在で小学高学年ということですのでオードリーとの離婚は10年以上前と推測できます。

過去に2回ゲスト出演しているバーデン氏はハリーと同じく歯科医の兄で、出演時にはダンディズム漂う格調高いボサノバ演奏を楽しむことができます。(参考動画) あまり多くは明かしていませんが下にはプロミュージシャンの弟がいるとのこと。

ケミキラと共通して親交のある生主のラモキース以外にも独自のニコ生での人脈を築いているようで、2011年2月現在、放送でよく口にするのは主にjuju鮭梅子さなゑちゃんです。他にも幾人かの生主がハリー放送に訪れてコメで挨拶を交わしています。(ハリーはコメビューを使わない方針なので、コテハンを知らせたいコメでは「@コテハン」推奨です。)

独自の活動はニコ生にとどまらずオフ会を行うほどの生主へと進化しており、これまでの開催は東京と大阪で1回ずつで2月末にも東京でのオフ会が決定しています。2回目の大阪オフ会はオードリーとキラーの兄のユーリーがゲスト参加しました。(ハリーが自発的に行っている独自のオフ会のためケミキラが来る可能性は極めて低いと思われます。)

ちなみに放送中のオードリー情報によると散らかし始めたのは25歳とのこと。さらに詳しくはニコニコ大百科でどうぞ。


ニコ動 : Pハリー

ニコ動コミュニティ : GOGO★Pハリー

動画タグ : Pハリー

mixi : Pハリー

mixiの関連コミュ : Pハリーと鬼畜な仲間たち♪